白石の鎮守 神明社

神明社の由緒
本社はもと福岡村長袋に御鎮座あり、上・下神明両社わかれ立つ。上神明社は、元禄14年松前の市正安広といえる人の造営勧請にかかり、後者は、大同2年(807、平安)坂上田村麻呂の創祀と伝えられ、又、藤原秀衡、蒲生氏郷、長尾景勝の臣甘糟備後など武将の崇敬が篤かったが、慶長5年7月伊達政宗が白石城を攻め落とし、その先陣の功により同7年この城地を片倉小十郎(伊達家臣鬼小十郎)に与えたので、亘理郡小堤村より移った。その際現宮司の先祖に当る佐藤源左衛門も扈従白石長町に居を与えられ、白石・長袋両神明社の神主に任命された。長町の屋敷内には神明社の御仮宮を建て4月16日の祭礼に神輿の旅所にあてた。爾来片倉家の尊崇最も篤く社領として二貫三百文、日供米月一俵を献じ、造営修復を怠らず、白石城の鎮守、領内の総鎮守と仰ぎ明治に及んだ。なお、この地方は古来しばしば戦乱の巷となったため社殿も古什物も悉く亡失して正確に記載をなし得ないことは遺憾である。明治10年10月再興して「神道事務局刈田地区支局」を境内に置くにあたり東京大教院より「造化の三神」の御霊代を奉迎配祀。同年村社に列した。同32年5月白石大火の際、社殿末社はじめ附属の建物悉く焼失したので、翌年5月現在の地(白石城二の丸跡)に本殿を、同39年に拝殿を造営した。現在の社殿はその後昭和10年10月に竣功したものである。明治42年から大正3年までに五つの神社を合祀し、昭和2年4月14日郷社に列せられた。

img008.jpg
人気の小十郎お守り

神明社は片倉小十郎の居城であった白石城址に隣接し、白石市内氏子地域の方をはじめ白石市内外の方々より崇敬され親しまれております。
当社の由緒等をご案内いたします。

詳しくはこちらLinkIcon

家庭のまつりの中心となるところは神棚です。お神札はどのようにおまつりすれば良いのか?お供えはどのようにすれば良いのか?基礎的なことをご案内いたします。

詳しくはこちらLinkIcon

日本人として知っておいたほうが良い、神社と神道について、氏神様について、参拝の作法等についてご案内いたします。

詳しくはこちらLinkIcon

アクセス案内

車でお越しの方へ

白石城を目標にしていただいて、旧白石高等学校に向かう坂を上ってください。白石城へお越しの方の車両進入はできませんが、神明社に御用がある方は進入できますので、神社の駐車場までお入りください。

※当神社は白石城に隣接しております。

電車・バスでお越しの方へ

JR東北本線白石駅より徒歩10分。
JR東北新幹線白石蔵王駅より徒歩20分

住所

〒989-0251宮城県白石市益岡町1-17
電話:0224-25-1180
FAX:0224-25-1158


大きな地図で見る
IMG_2405.jpg外観や入り口の様子